【メガネのお手入れナビ】

子どものメガネの汚れ

ページ。メガネのお手入れサポート

子どものメガネのお手入れ

子どものメガネの汚れ

Glasses dirty

勉強や運動、小学生は普段から活発

汗をかく、汚れた手でレンズを触るなど、子どものメガネは汚れやすい環境にあります。汗や皮脂汚れは放置すると見えにくいメガネの原因になるため、普段からメガネの状態を気にかけてあげてください。

勉強や運動、小学生は普段から活発 勉強や運動、小学生は普段から活発 勉強や運動、小学生は普段から活発

小学生のメガネ、全体の66%は汚れた状態

小学生の子どもを持つ母親へのアンケート結果では、66%の子どものメガネが日頃から汚れているという結果に。同様の調査で、約半数の母親が毎日~週1回の割合でメガネの汚れに対して拭き取るなどのお手入れを実施しているとの回答でしたが、手入れが行き届いていないケースも考えられます。

小学生の子どもを持つ母親へのアンケート結果 小学生の子どもを持つ母親へのアンケート結果 小学生の子どもを持つ母親へのアンケート結果
調査方法:当社インターネット調査(PC・スマートフォン)
調査期間:2019年3月29日  調査地域:全国
調査対象者:小学生以下の子どもと同居している母親
有効回答数:300人

メガネの汚れは「眼精疲労」の原因に

購入時、子どもの目に「合わせたメガネ」も定期的にケアしなければ、すぐに「合わないメガネ」になると言われています。

定期的なケア 定期的なケア 定期的なケア

フレームや鼻パッドの皮脂汚れはメガネの型崩れや劣化につながり、レンズの位置がズレる原因となります。

メガネの型崩れや劣化 メガネの型崩れや劣化 メガネの型崩れや劣化

そして、レンズの汚れなど、見えにくい状態でメガネを使い続けると「眼精疲労」につながる可能性があります。

眼精疲労 眼精疲労 眼精疲労

眼精疲労はお子さまに様々な「悪影響」を及ぼす!?

「眼精疲労」は自律神経と深いかかわりがあり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状につながることがあります。

肩こり、頭痛、吐き気などの症状 肩こり、頭痛、吐き気などの症状 肩こり、頭痛、吐き気などの症状

また、成長期の子どもの学習は80%が「見ることから」と言われるように、よく見える環境が子どもの脳の発達にとって大切であると考えられます。

よく見える環境が子どもの脳の発達にとって大切 よく見える環境が子どもの脳の発達にとって大切 よく見える環境が子どもの脳の発達にとって大切
このページのトップに戻る
メガネのお手入れナビ。子どものメガネの汚れページ